2020年6月23日火曜日

Kelleyのキャリアサポートについて

はじめまして!Class of 2021A.Kです。

今回はKelleyの強みの一つであるキャリアサポートについて書きたいと思います。私自身、前職を退職し、私費で留学している事もあり、キャリアサポート体制は重要な学校選択基準でした。具体的なサポートだけでなく、自身の強み弱み理解・ブランディング・発信の仕方を知る機会がたくさん用意されている事もKelleyの特徴であり、転職というゴールだけでなくキャリアそのものについて深く知る機会が豊富にあります。

1. GCSについて

KelleyではGCSGraduate Career Services)と呼ばれる学生のキャリアサポートに特化した部門があり、専用のオフィスも持っています。
学生の就職活動全般を支援しているのですが、私たちから見える範囲の事だけでなく、企業(=学生の就職先)との関係構築等も全面的に担っているようで、Kelleyをリクルーターに知ってもらう、という点でも重要な役割を持っています。今年(2020年)のFinancial Timesではキャリアサービスランキングにおいて3位に入っております。

GCS主導のイベントも定期的に行われています。内容についてはKelley公式サイトや過去ブログに詳細がありますので、そちらをご参照頂くとして、今回は現時点で自分が体験した各イベントについての感想・学びを中心に記載致します。
     -Me, Inc.(オリエンテーションという枠組みで8月中)
自己理解を深めるセッションを踏まえ、30秒間での自己紹介を繰り返し行う練習があるのですが、これをやっておいて良かったと思う場面がその後何度も何度もありました。企業訪問等のフォーマルな場面は何時でも緊張するものですが、自己紹介だけはスムーズにできる事で安心感が大幅に違いました。Me, Inc.ではキャリアに直接関係ないセッションもたくさんあり、Kelleyを選択する理由になっている学生もおりますので、気になる方は下記リンクをご覧下さいませ。
Me, Inc.中のプレゼン準備の為に訪問したIU Cinema
     -Roundtables/Networking Nights8月末から何度か)
毎回数十社の企業から社員の方がブルーミントンを訪問し、学生のネットワーキングの練習という名目で会話の時間が設けられます。参加した際には質問をする事、会話を続ける事で必死になっていましたが、今振り返るともっとうまく活用するべきだったと思うイベントです。各企業もKelley  MBAの学生だから、という理由で来ている企業の人たちですので、もっと戦略を練り明確な目標を持った上で挑むべきだったと今は思っています。
     -GCS Day10月初め)
外部から専門の講師を招いてケースインタビューの練習を徹底的に行いました。それまでケースとは無縁の社会人生活でしたので、そもそもケースインタビューって何なのか、という事も含めて全体像が初めて理解できました。アメリカ人学生と2人で組んで1日練習を行ったので負荷は高かったですが、就職活動中に必要がなくてもビジネスを俯瞰で考え、論理的に人に伝えていく良い練習になる事がわかりました。その後独学でケースの勉強を始めるきっかけにもなったイベントです。
     -Kelley Kick-Off Interviews11月頭)
リクルーターの方々が実際の一次選考と同じ内容でのインタビューを行い、フィードバックをしてくれるという大変貴重な機会となります。私はJohnson & JohnsonGEとやったのですが、想像以上にフィードバックも具体的で、2つを同日に行う為、1日だけで英語のインタビューに少し慣れる事ができます。

その他学校に各企業のリクルーターが個別に来ての説明会やネットワーキングイベントはCoreの期間はほぼ毎週のようにあり、任意で参加できるようになっております。

2. 就職活動中のサポート体制、自発的な活用方法

Kelleyの特徴として、各学生にGCSのスタッフが必ず1名ついてくれ、レジュメのチェックや、インタビューの練習を行ってくれます。私はLinkedInのプロフィールのチェックや、カバーレター等も見てもらっており、“英語のチェックだけでもいつでもするから。就活って不安になる事もあると思うからただの話し相手でも良いよ”といつも言ってくれる為、大変気軽に相談できております(英語の雰囲気を正確に訳せているかは不明です)。
また今期の夏はGCS経由で紹介してもらったスタートアップにてマーケティングインターンとして働く事が決まりました。コロナの影響が大きい現在ですが、卒業生のネットワークが大変強く、学生のキャリアサポートに従事している専門のチームがある事のメリットを強く感じる事ができました。
日本の就職活動についてはKelleyで強いネットワークを持っているわけではないので、日本の就職エージェントや同学年のK.Mさんと相談しながら活動を行っていますが、レジュメやインタビューで伝えたいストーリーに関しては日本語でも英語でも基本変わりませんので、英語で常に確認・チェックをしてくれる人がいる事はとても意味があったと思います。
ボストンキャリアフォーラムにて

3.まとめ

コロナ以降全てオンライン環境となった中でも、GCSは学生のキャリアサポートを密に行っています。個別のサポートだけでなく、隔週でGCS DirectorがZoom での就活セッションを設けており、現在の就職市場・学生側の注意点等の最新情報を提供しております。
社費の方であったとしてもMe, Inc.等を通して学べる“自分のキャリアを考え、強みを知り、そして人に伝える”という訓練そのものはきっと価値があるものかと思います。
長くなってしまいましたが、Kelleyのキャリアサポートについてもっと知りたい方がおりましたら、いつでもご連絡下さいませ。ブルーミントンでお会いできます事、楽しみにしております。

2020年4月3日金曜日

Supply Chain and Digital Enterprise Academy


どうも。Class of 2021T.T.です。
今回は、私の所属する、
Supply Chain and Digital EnterpriseSCADEをご紹介したいと思います。

Academyの概要

Academyは、日本の大学のゼミのようなものと過去の在校生の方々がよく紹介されていますが、必修科目・選択科目とは別に、特定の分野への専門性を高めつつ業界とのネットワークづくりをサポートするKelleyのユニークなシステムです。選択できるアカデミーは下記の7つです。
  • Business Marketing Academy (BMA)
  • Consumer Marketing Academy (CMA)
  • Capital Market Academy (CAPM)
  • Strategic Finance Academy (SFA)
  • Consulting Academy
  • Supply Chain and Digital Enterprise AcademySCADE
  • PLUS Life Science Academy

*上記は、1年次に参加可能なAcademyですが、2年次に選択できるAcademyもあります。詳細はこちら
Academyで取り扱う専門領域に関連する職務経験は無くても大丈夫です。例えば、ファイナンス関連の知識が全く無くてもSFAに入れます。


Supply Chain And Digital Enterprise

サプライチェーンマネジメントとビジネスアナリティクス、テクノロジーイノベーションの3つを取り扱うAcademyです。

そもそもサプライチェーンとは、調達 ― 生産 ― 物流 ― 販売の一連のプロセスを指します。これらを、お金と情報の流れと結び付けて全体最適を目指すのが、サプライチェーンマネジメントということになります。必修科目の中で言えば、”Operations Management”が該当する教科です。
また、名前の”Digital Enterprise”の部分は、最近追加されました。


SCMとアナリティクス・テクノロジーを同じゼミの中で取り扱うのは、最新テクノロジー(ERP, RFID, AI, IoT, ブロックチェーン等)を駆使したサプライチェーンマネジメントが世界中で活発に行われるようになり、もはや両者は切っても切れない関係となっているからです。


LectureAcademy Fridays

1年次の9月から12月の間、隔週金曜日にレクチャーを受けます。内容は主に下記の通り。

・担当教授による講義

  • サプライチェーンマネジメントに関する大枠の知識について
  • 需要予測シミュレーション
  • リーンオペレーション
  • バリューチェーン最適化 等

・ゲストスピーカーのプレゼン

SCADEに関わりの深い企業を招き、プレゼンいただきます。

《2019年度に招かれた企業とプレゼンタイトル一覧》
  • John Crane: Network analysis to optimize cost cycle time responsiveness
  • IU Health: Complexity of the healthcare supply chain management
  • EY: Supply chain consulting
  • AB InBev: Resource procurement / auction simulation
  • Sweetbridge: Blockchain technology and tokenization
  • 4betterbusiness: Operations case with Strategic Finance Academy
  • Cummins: Plant startups and turnaround
  • Collins Aerospace: Sales, Inventory & operation planning in the Aerospace industry
・GCSコーチによる就活指導
Academyの大きなミッションである”就活支援”のため、SCADE専属のキャリアコーチがNetworkingイベント、Resume、Interview等について様々な指導をしてくれます。クラス単位の指導のみならず、個別面談の機会もしっかり設けてくれる点に、Kelleyの就活支援の手厚さを感じます。


Corporate TrekAcademy Intensive Week #1

10月下旬の5日間をかけて、SCADEに関連する企業を訪問します。訪問企業はいずれもIndianapolis/Bloomington/Louisvilleあたりにある企業なので、移動の負担(時間的、金銭的)が軽い点も良かったです。

《2019年度の訪問企業一覧》
・IU Health
・General Electric
・Amazon
・Home Depot
・Dicks
・Subaru
・Cook Medical
・Gartner

訪問先では、各社の生産ラインや物流センター等を見学させて貰えます。最新技術が詰まったサプライチェーンマネジメントを生で見れる絶好のチャンスです!

Amazon Fulfillment Center 見学

 
Academy Project (Academy Intensive Week #2 + α)

企業コンサルティングプロジェクトです。SCADEの場合は、1つのクライアント企業に3〜4名がコンサルティングチームとして割り当てられ、企業の抱える課題に対して解決案を探していきます。
クライアントは2月中旬に決定し、3月上旬のIntensive Week #2の期間も使いながら、プロジェクトを進めていきます。5月頭にはレポートの提出やクライアントへのプレゼンが待っています。
こちらに関しては現在進行中のため、プロジェクトが完了し次第、本ブログを介して別途ご報告したいと思います。

以上

2020年3月20日金曜日

Kelley MBA programにおける5つのMajorのSTEM認定について

<お知らせ:新型コロナウィルス関連情報掲載中(リンク先)>

こんにちは、Class of 2021 K.M です。
この度、Kelleyfull-time MBAにおける5つのMajorについて、米国政府よりSTEM学位の認定を受けましたので、情報を共有させていただきます(Class of 2020より適用開始)

STEM 認定を受けたMajorは以下の通りです。
  • Business Analytics
  • Finance
  • Marketing
  • Strategic Analysis of Accounting
  • Supply Chain and Operations


STEM 認定とは?


STEMとはScience, Technology, Engineering, and Mathematicsの略語です。STEM認定されたMajorを修了するということは、科学分野やテクノロジー領域において米国の競争力を向上するに足る高度な教育課程を修めた、と認められることを意味します。


STEM認定されていると、どんなメリットがあるの?


いくつかのメリットがありますが、ここでは特に
インターナショナルの学生が米国で就労する場合のメリットについて説明します。

MBA卒業後に就職する場合、通常はOPT (Optional Practical Training) という制度を用いて、一年間は就労ビザが無い状態で働くことができます。そしてその一年間の間にH1-B ビザを取得することができれば、一年が経過した後も継続して就労することができるのですが、このH1-B ビザの発給数については企業ごとに枠が割り当てられており、それを上回った分の申請については抽選を受けることとなります。企業側からすると、H1-Bビザの抽選如何によっては雇用を継続することができなくなるリスクがあるため、どうしてもインターナショナルの採用をためらってしまうというのが現状です。

しかし!学生がSTEM認定された学位を有している場合、OPTの制度における通常の一年間に加えて、二年間の就労期間の延長が可能となり、就労ビザがなくとも合計で三年間の就労が可能となります(但し、この延長の制度を利用するためには、企業においてSTEMに関係する役職に就いている必要があります)。

MBAを卒業してから少なくとも三年間は安定して就労できる上、毎年行われるH1-Bビザの抽選にも三回応募することができ、H1-Bビザを取得する可能性が高くなるということで、企業としても採用のハードルは大きく下がることになります。すなわち、このSTEM認定というのは、インターナショナルの学生のとっては非常に強力なアピール材料となります。
もちろん日本での就職を検討されている方や社費留学の方にとっても、科学分野やテクノロジー領域の重要性が強調される今日において、STEM認定された学位を有していることは大きな利点になるかと思います。

もともとキャリアサポートに関して評判の高いKelley MBAですが、この度のSTEM認定はさらなる追い風となります。受験生の皆さんが学校を選ばれる際には、是非とも参考にしていただけると幸いです。

STEM認定の詳細については、下記リンク(Indiana University 公式HP)をご参照ください。



Kelley関して質問等ございましたら、是非ともKelley在校生までお問い合わせください

IU・Kelleyの新型コロナウイルス感染症への対応

新型コロナウイルス感染症について、米国内及びインディアナ州における感染者が拡大しており、また、米国政府が国家緊急事態を宣言し、インディアナ州でも非常事態宣言が発出されたという状況等を踏まえ、Indiana University (以下、IU) 及びKelley School of Business (以下、Kelley)として以下の通り対応するとの方針が出されましたので、お知らせします。

IU全体の対応


春学期の残りの講義について、対面からオンラインへの移行
 IUでは各学期が前・後半に分かれています。2020年春学期の前半は既に終了していることから、春学期後半に開かれる全ての講義はオンラインで実施されることとなります。

オンキャンパスの住居の閉鎖
 学部生の多くが住んでいる寮などのオンキャンパスの住居については、学生の密集する状況を避けるため、閉鎖されることとなりました。
 これに伴い、オンキャンパスの住居に住む学生は原則退去し、家族の住む場所、あるいはサポートが適切に受けられる場所へ引っ越しすることとなります。

春休みの1週間延期
 IUでは、春学期の前半と後半の間に2週間程度の春休みがあります。
 2020年の春休みは3月22日で終わり、23日から春学期の後半が開始される予定だったところ、対面からオンライン講義へ移行するにあたり、教授が講義を再編成ための時間を確保するとともに、オンキャンパスの住居に住む学生が退去し、引っ越しを行う時間を確保する(特に留学生が自国に帰るための配慮)ため、春休みを1週間延期し、3月30日より春学期の後半が開始されることとなりました。

春学期終了まで大学で行われるイベントのキャンセルまたは延期

教授や各departmentのオフィススタッフのリモートワークへの移行

IU全体の卒業式のキャンセル (※3月21日追記)


Kelleyの対応
上記IU全体の対応方針を踏襲した上で、加えて、以下の対応が示されました。

GLOBASEの現地訪問のキャンセル
 GLOBASEとは、ブラジル・ガーナ・中国等、発展途上国の現地企業・団体へのコンサルティングプロジェクトです。
 春学期前半を使いクライアントとコンタクトを取りながら課題を明確化し、最終的に春休みの1週間を使って現地を訪問、課題解決のための提案を行う予定だったところ、現地訪問がキャンセルとなり、代わりに、オンラインで課題解決のための提案をクライアントに行うこととなりました。

春学期後半の海外交換留学のキャンセル
 春学期後半に、Kelleyの学生のうち希望者がドイツ・イタリア・香港 等の大学院へ交換留学をする予定となっていたところ、キャンセルとなりました。

Kelleyの卒業式のキャンセル
 5月に開催予定であったKelleyの卒業式についてはキャンセルとなりました。卒業式をオンラインで行う、あるいは別の時期に開催するといった代替案が現在Kelleyのオフィススタッフの間で検討されています。

オフキャンパスの住居に住む学生への対応
 Kelleyの学生はオフキャンパスの住居に住んでいるため、オンキャンパスの住居の閉鎖による影響は受けていません。
 そのような状況のもと、卒業後米国で働く予定のない2年生の留学生、及び今夏米国でインターンをする予定のない1年生の留学生については、母国へ帰国しても構わないこととなりました。


(上記は米国東部時間3月21日正午時点の情報です。新たな方針が大学より示された場合は追記します。)

2020年3月13日金曜日

プレゼンテーションへの苦手意識の払拭に向けて・・・

Class of 2020のMOです。現在、2020年春学期の前半が終わり、MBA卒業前の最後の2週間のお休み期間に入っています。さて、今回はKelleyのプログラムを通じたプレゼンテーションに関する学びについてご紹介させていただきます。
Kelleyでは、チームプレゼンテーションの機会が豊富にあり、授業に限った場合でも、入学してすぐに行われるMe, Inc(詳細は過去記事で)で2回、1年生秋学期のIntegrated Core(詳細は過去記事)で2回、Academyで最低1回(どのAcademyに入るかによって回数は異なってきます)、また、1年生春学期~卒業までの選択科目でも、体感的には全授業のうち、3~4割の授業でチームプレゼンテーションをすることになります。

チームプレゼンテーションとは
下のイメージ(Kelleyの学生が授業の一環としてプレゼンテーションをしている写真ですので、かなり実態に近いです)で、チームメンバー全員が教授や生徒の前に立ち、スライドを使いながら、各人が自身の担当するパートを説明していくというものです。
どのようなプレゼンテーションをするかは課題・授業次第ですが、スライドの構成をものすごく一般化した上にざっくり言えば、①イントロ→②提案→③提案を実行すべき3つの理由→④提案実行上のリスク・リスク緩和策→⑤提案実行のタイムライン→⑥結論、というような感じになるかと思います。この①~⑥を3人~5人のチームメンバーで、全体のストーリーを決め、それに沿ってスライドを作成し、実際にプレゼンテーションしていくということになります。


Kelley HPより


プレゼンテーションへの苦手意識
入学以来、個人的に一番苦手意識を持っていたのがこのプレゼンテーションでした。苦手である理由を自分の中で探ってみたときに、①プレゼンテーション自体の経験不足、②英語の能力への不安、③「良いプレゼンテーション」とは何かがよくわかっていないこと、が挙げられるように思われました。③については、①の経験不足から派生していると思われ、「良いプレゼンテーション」の基準が自分の中でなかったため、スライド作成やプレゼンテーションの練習の際に注意すべきや改善できる点がよくわからず、不安なまま本番を迎えることになっていました。

苦手意識の払拭へ
プレゼンテーションに苦手意識を持っていること、そしてその原因を理解した後、せっかく万一失敗しても実害の出ない環境にいるのだからと、自然体でプレゼンテーションのある授業をいくつも取ったところ、苦手意識の払拭につながる気付きをいくつか得ることができました。

#1.場慣れの重要性
大勢の前で何かを説明する際の緊張は場慣れによって概ねゼロにすることができました。これは、1年生の春学期のファイナンスの選択科目でプレゼンテーションをした時に感じたことです(恐らく入学後6回目くらいのプレゼンテーションだったと思います)。それまでは、プレゼンテーションの際、自分が説明することに手いっぱいで、聴衆(教授や同じ授業を取っている生徒)の様子を見る余裕すら無かったのですが、この時からは、聴衆の様子を見つつ、間の取り方や説明方法を練習時から少し変えてみたり、聴衆の目を見ながら余裕を持って話すことができると感じるようになりました。

#2.本番で話す内容は丸暗記すべきでない
入学以来、準備段階で、本番で話す内容をスクリプトとして文字に起こして、それを丸暗記する、という今思えば非効率なやり方を採用していました。しかし、このやり方はハイリスク・ローリターンで、スクリプトの丸暗記の弊害として、話す内容を一つ忘れると次に何を話すのか思い出せなくなる、その結果フィラーワードが多くなる、話し方が感情のない機械的なものになりがち等々、悪い点しかありませんでした。実際、本番で一部内容が飛んでしまい、ますますプレゼンテーションへの苦手意識を強めたことがありました。このやり方を改めるきっかけとなったのは、ファイナンスの授業でのプレゼンテーション準備をした際です。このプレゼンテーションでは、1人当たり6分程度話す必要があり、スクリプトを書いて丸暗記するという時間が惜しかったため、スライドを見ながら、説明内容をつぶやくという練習を10回程度したところ、それだけですらすら説明できるようになり、本番当日にも、忘れたらどうしようというプレッシャーを感じることはありませんでした。プレッシャーを感じなかったのは、毎回練習の度に自然に少しずつ異なる言い回しになっていたことで、仮に本番で話す内容を忘れてもその場でスライドをチラ見すればすぐに思い出せるという自信を持てたためです。また、この練習方法のもう一つの利点として、スライドを見ながら練習することで、スライドの中のわかりにくい箇所や、つながりの悪い箇所を修正できるため、よりわかりやすいスライドが完成する、ということもあるように思います。

#3.芯を食った説明を簡潔にする
プレゼンテーション時の私の話すスピードはせいぜい毎分100 words 程度で、ネイティブの話すスピードには太刀打ちできません。5分話すとして、私が毎分90 words、ネイティブが毎分120 words話したとすると計150 wordsもの差が出てきてしまいます(150 wordsもあれば、スライドもう1枚分くらい説明できてしまいます)。そのため、説明時に心掛けていることは、余計な説明を削ぎ落とし、芯を食った説明を簡潔にするということです。直近でこの心掛けが上手く機能したのは、Social Entrepreneurshipという授業でした。スウェーデン(交換留学生)、フランス(交換留学生)、韓国、日本(私)という英語ネイティブ不在のチームを組んでプレゼンテーションをした結果、全9チームの中で教授から最も良い評価を受けることができました。高評価を得られた要因としては、①メンバー全員で議論してプレゼンテーション全体のストーリーが首尾一貫した意義のあるものになったこと、②全体のストーリーを踏まえ、各メンバーが担当するスライド作成を行った上で、再度メンバー間でスライド1枚ずつストーリーに即したものになっているかについて議論したこと、③リハーサルを行い、各メンバーの説明についての改善点を指摘しあったこと、が挙げられます。③に関しては、リハーサル時のプレゼンテーション時間が、本番での制限時間を3分ほど超過していたため、私からメンバーに対して、"AAA・・"と説明した部分は、"BBB・・・"という形で説明した方が簡潔でわかりやすい説明になるのではないか、といった指摘をすることで私の問題意識を共有することができました。実際、本番では他のチームのプレゼンテーションも聞いていましたが、我々のチームが最も簡潔で意義のあるメッセージを伝えられていたように思います。

まとめ
Kelleyでは授業の一環としてプレゼンテーションを避けて通れない機会が豊富にあり、プレゼンテーションに苦手意識を持っている私のような人がトレーニングするにはうってつけの場所だと感じています。上記のような学びを得ることで、入学当初から比較すると考えられないほど、プレゼンテーション能力も改善することができたように思います。

最後になりましたが、今回の投稿では、受験生の皆様の参考になるようなKelleyの特色といったところにはあまり触れておらず恐縮ですが、ご質問等ありましたら、お気軽にこちらまでご連絡ください。

2020年2月22日土曜日

Integrated Coreについてまとめました

はじめまして。Class of 2021T.T.です。Bloomingtonに住みはじめてから早8ヶ月が経ちました。今回は、1年次秋学期に受講する必修授業:コア科目について書きたいと思います。

概要

Kelleyでは、コア(必修)科目として下記9科目を受講します。
 ・Critical Thinking(クリティカルシンキング)
 ・Financial Accounting(会計)
 ・Quantitative Methods(統計学)
 ・Economic Foundations(経済学)
 ・Business Communication(プレゼンテーション)
 ・Strategic Management(経営戦略)
 ・Finance(ファイナンス)
 ・Operations Management(オペレーション戦略)
 ・Marketing(マーケティング)
Class of 2021の履修スケジュールは、下記バーチャートの通りでした。



 コア科目では、1学年約130名の学生が、3つのクラス(40名程度/クラス)に割り当てられ、すべての必修科目はクラス単位で受講します。さらにそのクラスは9つのチーム(4〜5名/チーム)に分けられ、秋季学期を通して同じチームで行動します。授業で出される課題は、個人ワーク又はグループワーク(分量で言うと、個人:グループ=7:3ぐらい?)のいずれかとなりますが、グループワークはすべて固定されたチームで取り組みます。チーム内構成は、ネイティブ生2〜3名+インターナショナル生1〜2名。チームワークを重んじるKelleyの校風を反映し、異なるバックグラウンドや、互いの得手不得手を理解しながら、グループ内で力を合わせて成果を上げることを求められます。

社費留学生である私のコア期間中の1週間のスケジュールを例示しておきます。


9月下旬のスケジュール(T.T.の例)
 月〜木曜日の間、1コマ80分の授業を1日3コマ受講するのが基本です。金曜日はAcademyのセッションが入ります。放課後は学生クラブのイベントに参加したり、チームメンバーとグループ課題に取り組んだりしました。科目によっては補講が開かれることもあります。私費留学生であれば、上記に就職活動イベントが加わります。



Integrated Core


Kelleyのコア科目は”Integrated Core”と呼ばれ、コア科目すべてを「1つのコースとして」受講します。つまり、会計→A、統計学→Bのように科目ごとに成績が出るのではなく、”Integrated CoreA”のようにコア科目の総合成績のみが付けられます。そのため、苦手な統計学の成績を得意なマーケティングの成績でカバーする、ようなことも可能です。

成績評価のみならず、授業内容も”Integrate”されています。
1つ例を挙げるとすれば、””とある飲料メーカーの新商品開発””を取り扱うCase Studyを行いましたが、新商品開発を開始するかどうかの意思決定に際しては、

 ■ 市場にはどれくらいの潜在顧客がいるのか?
 ■ 新商品の流通にあたり、売上予測に対してどの程度在庫を確保すれば
    良いのか?
 ■ 売上やコストを含め、財務諸表にどの程度のインパクトがあり、販売開始
    から何年で投資回収できるのか?

等々、1つのコア科目から学ぶ知識だけでは実は片手落ちで、複数の科目からの学びを融合させて検討する必要があります。
そんなことを教えてくれたのが、KelleyIntegrated Coreです。マーケティング・ファイナンス・オペレーション戦略の3つの授業で同じCaseを取り扱い、さらに複数の教授が共に教壇に立って講義を行ってくれました。このように、「コア科目単体での学び」と「実務への応用イメージ」を繋げられるような工夫がなされていました。


また、”Integrate”された講義運営を可能にする教授の熱心さ、教授同士の連携の良さや、学生目線で考えてくれる学校側のフレキシブルな対応も非常に印象的でした。例えば

[熱心さ]
噂によれば、Kelleyのコア科目教授陣は、その年のコア科目が終了した時から、次年度のコア科目の講義改善検討を始めているとのことです。

[連携の良さ]
また、授業同士の直接的な連携の有無に関わらず、教授陣は他の教授がどのような内容を生徒に教えているか理解しています。

[学校のフレキシブルな対応]
秋学期を通して同じクラスの仲間と授業を受けますが、裏返せば「違うクラスになってしまった人とは接点がない」ということです。学生側からそんな意見を学校に申し出たところ、クラスをシャッフルして受講する日(つまり普段一緒に授業を受けない生徒と授業を受ける機会)を設けることを許可してくれました。
教授側の視点で言えば、出席確認が面倒とか、クラスごとに授業の進度を合わせなければならない等、面倒な部分もあったかと思いますが、学生側の思いを尊重してくれる温かい校風を感じた一面でした。



秋学期最後の難関:Final Case Competition

9教科のコアを全て終えると、Final Case Competitionに突入します。これは、コアにて組んだチーム対抗の学内コンペです。課題発表時から4日半かけて、
   業界分析・課題分析 → 解決策のアイデア出し → 発表資料作り → 発表練習
を行い、Executiveメンバー役の教授陣に対してプレゼンを行いました。

今年のテーマは、「某米大手映画館チェーンの経営課題を特定し、今後5年間の間に企業価値を高めることができる策を提案せよ」というものでした。
私もコアで学んだ知識と経験を総動員し、チームメンバーと共に戦略を練ってプレゼンに挑みました。結果、教授陣から提案に対する鋭いツッコミ・指摘を受け、戦略の甘さを反省させられましたが、今季の学びの集大成として、非常に良い経験ができたと感じています。

Final Case終了後、チームメイトとの記念の一枚!

コア科目詳細


本投稿の締めくくりとして、全9教科のIntegrated Coreの履修内容詳細をまとめておきます。1年次秋季の学びの具体的なイメージを膨らませるためにご活用ください。
コア科目について、更に深堀りして知りたい方やご質問をお持ちの方は、是非Kelley日本人在校生までお気軽にご連絡ください!

※下記は2019年秋季学期時点でのものです。カリキュラム見直しにより変更される可能性がありますので、最新情報はKelley公式HPにてご確認ください。

[ Critical Thinking ]

 論理的/合理的な意思決定を行うための手法を学ぶクラス。行動経済学、行動倫理、心理学等の知識を交えながら、「なぜヒトは意思決定を誤るのか」「どうすれば正しい意思決定ができるのか」を学びます。
<履修内容詳細>
Dual System Thinking, Prospect Theory, Heuristics & Biases, Rationalization, Social influence & Decision Making

[ Financial Accounting ]

 財務会計の基礎を学びます。仕訳の演習も含まれますが、簿記に経験が無くても教授が丁寧に教えてくれます。
<履修内容詳細>
B/S, P/L, CF (直接法・間接法), 収益認識, FIFO/LIFO, 経営指標、投資、経営統合 等

[ Quantitative Methods ]

 エクセルを活用して統計の基礎知識を学びます。標準偏差や分散、仮説検定等の考え方は、以後履修するコア科目や選択科目においても頻繁に用いられる重要な内容です。
<履修内容詳細>
確率、標準偏差、分散、サンプリング、信頼区間、仮説検定、回帰分析、時系列分析, 各種Case Study

[ Economic Foundations ]

 ミクロ経済学の基礎を学びます。数学の知識が乏しくても授業に付いていけるよう、教授が丁寧に解説してくれます。
<履修内容詳細>
限界分析、相補性、コスト曲線、完全競争市場、独占市場、ゲーム理論、価格決定理論、参入障壁 等

[ Business Communication ]

 少人数クラスで、個人/チームプレゼンテーションとコミュニケーションの演習を行います。一人一人にコールドコールを含めた演習の場が用意されており、個人的に最も緊張しプレッシャーを感じた授業でした。
<履修内容詳細>
Verbal / Non-Verbal Communicationの改善, 実践(スタジオ収録、10分間チームプレゼンテーション) 等

[ Strategic Management ]

 経営戦略論の基礎を学びます。前半はフレームワークを用いた外部/内部分析手法を中心に学び、後半はCase Study方式で経営戦略を深掘りしていきます。
<履修内容詳細>
PEST, 5-force, SWOT, Value-Chain Analysis, VRIO, BCG Matrix, Int’l Strategy, Vertical Integration, 各種Case Study

[ Finance ]

 コーポレートファイナンス基礎の講義を通して、ビジネスのリスクやリターンの定量化や資本構成の妥当性判断等について学びます。
<履修内容詳細>
現在価値、キャッシュフロー、NPV、リスク&リターン、資本コスト、資本構成、オプション、市場の効率性 等

[ Marketing ]

 マーケティングを“Meeting customers’ needs profitably”と定義し、主にB2Cマーケティングの基礎を取り扱います(一部B2Bも含む)。フレームワーク等コンセプトの説明とCase Studyをおおよそ交互に進めていきます。
<履修内容詳細>
5C, STP, マーケティングファネル, 商品開発, ブランド戦略, 市場規模特定, 需要予測, 流通チャネル, プライシング, コミュニケーション戦略, 各種Case Study

[ Operations Management ]

 製品開発〜材料調達〜在庫管理・生産〜流通・販売の設計やマネジメントに関する理論やフレームワークを学びます。
<履修内容詳細>
ボトルネック分析、リーン生産方式、Littleの法則、在庫・生産能力管理、需要予測、品質管理等

2020年2月3日月曜日

West Coast TrekとTrek Leadershipのご紹介

はじめまして! Class of 2021H.N.です。

今回は、前回記事にてK.M.さんがご紹介してくださった、NUSへの交換留学プログラムと同時期、Winter Break中に実施された、West Coast Trekについてご紹介したいと思います。過去に、このTrekの紹介記事が無いことからも、例年、日本人があまり参加することが少ないイベントのようですが、今年は私と、A.K.さんの2人が日本人ではWest Coast Trekに参加しました!

West Coast Trek訪問先の一つ、Google本社 (マウンテンビュー)

Corporate TrekおよびWest Coast Trekとは

Kelley MBAHPにも小さく 笑「Student Treks」として紹介されているのですが、学生が企画、運営を行い、1週間ほどかけて、リクルーティング活動の一環として、企業を訪問するプロジェクトです。日程の調整、訪問企業、移動方法や宿泊先など、すべて学生が主体的に行います。
似たようなものにAcademy Intensive Week (過去の記事という企業訪問の活動が、1年生にはCore期間中の10月にありますが、学生は計画に携わらず参加するのみ、という部分が大きく違います。また、Academy Intensive Weekでは、インディアナ州の近郊 (インディアナ州内、シカゴなど) の企業を訪問することが多いですが、立地的に離れた場所を訪問することが多いのも、Corporate Trekの特徴と言えるでしょう。

今回、私は西海岸 (主に、シアトル、サンフランシスコ、サンノゼ等) の企業 (例えばMicrosoftGoogleなど) を訪問する、「West Coast Trek」の運営リーダーとして、2020/1/61/9の期間、上記エリアの企業訪問に参加しました。

Corporate Trek Leadershipについて

West Coast TrekなどのStudent Treks (例年、ConsultingHealthcare系のTrekがある) では、企画や運営を行うリーダーを生徒の中から選出します。私の場合、昨年の9月ごろに募集があったので、なぜTrek Leaderをやりたいのか、どのTrekを運営したいのか、などを記入し、昨年度のリーダーと面接を行いました。基本的には、熱意を伝えれば問題なくリーダーになれると思います (逆に熱意が無いと、Core期間の忙しい時期に、企業探しや日程調整を行うのはとても負担になるので、熱意はとても大事です)
私は社費生で、就職活動を全く行っていない身なのですが、派遣元でコンピュータ系のエンジニアであったことから、アメリカのTech企業の中を見てみたいと思ったこと、Core授業以外の場所で、何か他の学生と交流が持ちたいと思い、応募することにしました。最終的に私を含めて3(アメリカ人、インド人、私) 10月の上旬ごろに、Trek Leaderに決まりました。

West Coast Trekの企画について

リーダーの役割としては、開催時期、訪問場所、訪問企業を決め、その他の移動・宿泊方法などを詰めていきます。
開催時期はThanksgiving Break中、Core終了後、12月末、および1月上旬あたりが候補になりますが、今回は、Thanksgivingの週や12月末は、休暇を取る企業も多く、訪問しやすいであろう、1月上旬を開催時期と決めました (昨年度は12月末だったようです)
訪問場所は、Tech企業を訪問するという側面も強いため、西海岸以外のエリア (例:テキサス州オースティン) も議題にあがりましたが、王道を行く?ということで、ワシントン州シアトルと、カリフォルニア州のベイエリア (サンフランシスコ、サンノゼ) を訪問先と決めました。
訪問先企業は、参加希望者の声を反映することにしました。例えば、MicrosoftAmazonGoogleなどの人気企業は、910月ごろにKelleyを訪れるなど、学生たちは既にネットワーキングの機会を持つことができていました。West Coast Trekでそれらの企業をする必要があるのか?という話になったので、大まかな参加人数を把握するのと同時に、いくつか候補企業をリストアップし、どこに訪問したいかのアンケートを取ることにしました。結果は…

参加希望の学生に聞いたアンケートの結果:大企業が人気

リーダーたちの予想以上に、GoogleMicrosoftなどの企業の人気は根強く、ぜひ訪問したいという声が多かったです。それらの企業をまずターゲットに、12社を目安に日程を調整していきました。また、その他の特徴としては、Tech系大企業の多くがH-1ビザのスポンサー枠を多く確保していることから、West Coast Trekへの参加希望者の70%が留学生、という結果になりました (H-1ビザの関係もあり、留学生は、Tech企業への就職を目指している人がとても多いです)

しかし…
Trekでは、シアトルの2Tech企業、AmazonMicrosoft2社は例年訪問しており、その伝手もあり、12月上旬に、訪問の合意がほぼとれていました。ただ、様々な事情が重なり、年末~年明けにかけて、両社への訪問はキャンセルとなってしまいました。Trek数日前の時点で、シアトルの訪問先企業がほとんど無くなる事態となってしまいました。

West Coast Trek:シアトル編 (1/61/7)

一時はシアトル訪問の消失危機にあったのですが、リーダーやその他の参加者の伝手で、なんと2日間で4社の訪問先を準備することができました。(Microsoftに至っては、シアトル訪問中の1/6の夜に訪問が決まりました!)
1/6 AM: Tableau (データ可視化ソフトウェア、Salesforce傘下)
  PM: Highspot (営業支援ツールのスタートアップ)
1/7 AM: Sprout Social (SNSの管理ツールのスタートアップ、201910月にIPO)
  PM: Microsoft (言わずと知れた…笑)

各社を訪問した際には、採用担当やKelleyAlumni、マーケティングやファイナンスのマネージャーなどが、Information Sessionを設けてくれたり、社内を見学させてくれたりしました。Microsoftは急遽決まったこともあり、Unofficialな訪問でしたが、Kelley Alumniの方に、プロモーション動画等の撮影に使用されるChannel 9 Studioや、Visitor Centerなどを見学させていただけました。

データ可視化ソフトウェア開発 Tableau

シアトルのスタートアップ企業 Highspot

 なお、宿泊ですが、MBAの学生は、奨学金を受領している生徒でさえも、基本的には不要な出費は抑えたいのが信条です (州立大学とは言え、やはりMBAの学費はそれなりに高い)。とくに、このWest Coast Trekは飛行機代・宿泊代などはすべて自費、シアトルやサンノゼのホテル代など、物価は高いです。そのため、シアトルでは1軒、次のベイエリアでは2軒、Airbnbを使って56人でシェアハウスをしました。私は初めてAirbnbを使ったのですが、人数で割れば安いし、しかもかなり設備も豪華な一軒家を貸切ることができるので、驚きでした。

シアトルで滞在したシェアハウス (Airbnbを利用)

シアトル訪問中に訪れた、スターバックス1号店

West Coast Trek:ベイエリア編 (1/81/9)

1/7の夜にシアトルからシリコンバレーの中心、サンノゼに移動、何人かの参加者は、ベイエリアのみの参加ということで、直接サンノゼを訪れました。2日間で4社を訪問しました。この中で、UberKelleyTrekとして訪問するのは初めてでした (Kelley2年生に、昨夏にUberでインターンされた方がおり、その伝手から実現しました)Uberのビジョンは、有名な配車サービスのみならず、Consumer ground transportation marketのすべてをSeamlessにつなぐサービスを実現する、というとても興味深いものでした 。その1つが、東京での利用が始まったUber Eatsですが、アメリカではすでに、10種類近くのサービスを展開しているようでした。

1/8 AM: Uber (配車サービス、飲食宅配代行など)
  PM: Juniper Networks (ネットワーク通信機器開発)
1/9 AM: Google (言わずと知れた、その2…笑)
  PM: Xilinx (半導体設計開発)

サンフランシスコのUber本社

半導体設計企業 Xilinx本社 (サンノゼ)

なお、Uberのみが本社がサンフランシスコにあり(サンノゼから約1時間弱)、やはり費用を抑えるために、レンタカーを借りました (Trek参加者内で、大きなミニバンを2)。これも、Airbnb同様、アメリカでレンタカーを借りるのも、サンフランシスコを運転するのも初めてでしたが、アプリ経由で手配、ナビもGoogle Mapsで問題なし、返却時も空港の駐車場に停めるだけと、とても便利でした。
ただ、同じ車の車種でも、1日あたり$40くらいから$500くらいまであって (皆の費用を抑えるために、一番安いのにしました…笑)、多分保険の適用範囲とか、年式とかの違いがあるのでしょうが、初めての利用者には、謎でした。。


訪問のあいまに訪れたFisherman's Wharf

Trek Leaderの反省点

数えきれないほどたくさんあるのですが、大きく3つ挙げるとすれば:

  1. 企業を押さえるのが遅かった:もっと早くに企業を押さえて、日程を確定させておけば、シアトルの混乱は無かったかもしれません。皆の希望が高かった、Amazonに行けなかったのは、やはり残念でした。
  2. Happy Hourを設けられなかった:例年、Trek中にKelleyAlumniを現地のバーなどに集めて、ネットワーキングの機会を設けているのですが、訪問先の確定に最後まで時間がかかり、Happy Hourは開催できませんでした。楽しみにしていたAlumniの方もいたようで、とても残念。。。
  3. 体調が悪くて、Trek中に寝込んだ:シアトルもベイエリアも案外寒かったのと、企業訪問中、建物間の移動がコート無しで移動していたら、徐々に蝕まれて、最終日に寝込みました。。そのため、のGoogleXilinxに行けず、シェアハウスでまる1寝ていました。体調は万全に!

最後に

本来、Corporate Trekは就職活動の場なのですが、面接をしてくださった昨年度のリーダーも、共に計画・運営したリーダーたちも、自身の将来のために、本気で企業訪問をしている他の参加者たちも、誰もが就職活動しない私が参加することを受け入れてくれ、そのおかげで、West Coast Trekのリーダーシップという、とてもよい経験をすることができました。
KelleyCollaborativeな校風、というのはこのようなところで現れてくるのだな、と強く感じています。受験生の方も、Kelleyに入学された際には、ぜひCorporate Trekに参加したり、リーダーのポジションに就いてみてはいかがでしょうか?

さて、2ndラウンド受験生の皆様は、そろそろ面接の時期かと思います。
Kelley MBAでは授業や構内の見学などのキャンパスビジットも提供していますので、ぜひKelleyへのビジットをご検討ください。在校生一同、お待ちしております!